スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コミティア120申し込みました

Template21021_957-933.png
5月6日に東京ビッグサイトで開催のコミティア120に申し込みました。
ジャンルコードはSFです。

それと、「みちくさアルケミア」「合法ロリおじさん」「記憶の熱量」の電子書籍(pdf)の販売を始めました。
在庫が切れていたり、元から刷り部数が少ない作品です。
お値段は紙より低めに設定しました。
https://wakasatominori.booth.pm/


近況
やっと引っ越しがひと段落つき、あとは祖母宅の郵便転送届やガスを切る工事の立会が済ませるのみとなりました。
これ以上は家庭裁判所の判断がないといけないので、業者さんを入れたり売家にするために必要なことはもう少し先になりそうです。相続は裁判所の日程をドタキャンしたり、話し合いを無視してくるため、弁護士さんにお願いすることにしました。これで自分で家庭裁判所に通わなくて済むので、気持ちも時間もゆとりができます。
とはいえ、先のことが読めないこともあり、精神的に疲弊して悠長に漫画を描くような気持ちにもなれず、暫くかかりそうなので一旦就職をして様子を見ることにしました。
最近はどの出版社も雑誌が売れなくなっていて台所事情が厳しい様子ですし、雑誌や単行本の刷部数が減っていく中で漫画ができることも減っているようです。既に売れている作家さんの単行本や、過去に実績があった本と似たジャンルのものしか出しにくいようです。となると、私の場合は過去にあった作品の縮小再生産をしていくしかなく、遣り甲斐を感じられないなあと思いました。
そうなると、漫画を描く必要があるのか、ギャラリーの展示や少部数の手製本、もしくは135線スミ一色の印刷形式にこだわらなくてもいいのではないか、ということも含めて再検討する必要が出てきます。ウェブでもいいかもしれないし、動画でも良いかも知れない。
裁判所の判断が下るまで、そういうことを広く考えつつ生活を落ち着かせて行きたいなと目論んでいます。
引っ越し中から書いている小説が4万文字になり、あと2,3万文字で物語が完成しそうです。
スポンサーサイト

通販のおしらせ

コミティア既刊本と冬コミ新刊本の通販を委託していたアリスブックスさんから
本の在庫を引き上げる手続きをしました。
二週間以内にアリスブックスさんからの取り扱いは終了します。
通販して下さった方、本当に有難うございました。

最初は時価通販をしていたのですが、個人情報をお互いにやりとりしたり
郵便局で送金したりと手間が多かったので、手数料はかかるものの委託して良かったなと思います。

コミティア既刊本と冬コミ新刊はとらのあなさんではまだ扱っているので、
今後はそちらでお願い致します。大手さんなので他のサークルさんの本と一緒に注文できるのが利点かなと思います。

明けましておめでとうございます

明けましておめでとうございます。今年も宜しくお願い致します。

虎の穴さんで、冬コミ新刊、及びコミティア既刊本「みちくさアルケミア」と二次創作同人誌の通販委託が始まりました。
http://www.toranoana.jp/mailorder/article/04/0030/49/51/040030495117.html

http://www.toranoana.jp/mailorder/article/04/0030/39/40/040030394010.html

次回のイベント参加は5月6日、東京ビッグサイトで行われるコミティアを予定しております。


以下は近況です。

さて、昨年のYJの連載会議は落ちてしまったのですが、理由はきちんと聞かされていないので良くわかりません。
なんでも編集部の偉い人の言うことが三者三様で全く違うものだったとか。
私はそれはすごく良いことだと思うのですが、担当編集さんは「年齢的にもうちで連載するのは難しい」「作風を大きく変えないといけない」と仰っており、作風が合わないなら仕方ないなと思って見切りをつけました。
年齢のことは後出しではなく、できれば先に言っておいて欲しい前提でしたが、仕方ありません。
気を取り直して隣にある小学館に持ち込んだところ、アポを取ったにも関わらず担当者不在で数十分待ち、全く違う人が出てくるあたりで「大丈夫なんだろうか」という悪い予感がし始めました。
ネームを出したところ好印象で「編集長に出してみる。1週間で結果が分かる」とのお話を頂くも、一か月半待てど暮らせど返事がありません。ついでに出すことにした別なネームを出すついでに催促しましたが、新しいネームの返事も期日までに来ません。
仕方ないので「私のことを見るのがご迷惑なようでしたら済みませんでした」というメールを送って年を越しました。
(これはまだ、別な方とはいえ人がでてきてメールの返事が催促すればあるぶん、漫画業界では良い方だと思います)

家庭裁判所の件は小康状態を保ったまま数年間続きそうです。昨年は祖母宅の遺品を整理しつつ法的手続きを進めるのに、仕事もできないほどにかかりきりでした。祖母の古い車を廃車するのにも相続人全員の印鑑が必要で、しかも相手と連絡が取れない、正確に言うと連絡を無視される状態となると、家庭裁判所の調停員に窮状を訴えるしかありません。何をするにも一苦労でした。
そんな状態も年末には少し落ち着いてきて、年末年始には祖母宅にある必要な物品を少しずつ自宅に移し、そのために自宅を改装する引っ越し等を始めることができました。1月には引っ越しが終わるので、2月からは仕事を探したり、制作したりする生活ができそうです。この5年間、本当に大変だったなと今はゆっくり回顧しています。

引っ越しに伴い、ネット回線のトラブル等もあり、漫画を制作できる環境にないのでスマホで小説を書きはじめました。
今、1万6千文字程度です。5万文字くらいで描き終わったら漫画のプロットとして使いまわし同人誌にするとか、何かの新人賞に応募してもいいかなと思っています。

冬コミ新刊通販始まりました

お品書き



http://alice-books.com/item/show/5816-3
通販予約が始まりました。予約しておくと冬コミ当日くらいに発送されるはずです。
本の自宅納品分も届いて、いよいよイベントが近づいてきたのだなという
実感はわいてきました。

既刊本も通販しておりますので、宜しければ合わせてご利用下さい。
http://alice-books.com/item/show/5816-1
http://alice-books.com/item/show/5816-2

近況



冬コミのサンプルに一話分をアップしておきました。
カラーページは同人誌だとモノクロ印刷になると思うので(印刷費の都合)もしよかったら、ウェブでのバージョンも読んで頂けたら嬉しいです。

某誌の連載会議は落ちてしまったので、また何か次を考えようと思いつつ、冬コミと来年の準備をしています。
作家性と合っていて、かつ色んな人にも楽しんでもらえる表現ってどの辺で、どの媒体が良いのか、
とても難しい問題ですので、じっくり見極めていきたいです
カテゴリ
リンク
プロフィール

ワカ

Author:ワカ
東京在住 近現代史と攻殻機動隊とコーヒーが好き。三頭身くらいの絵を描いていると心が落ち着きます。










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。